皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪と卵巣がんの関係

 

体には内臓脂肪と皮下脂肪がついています。

 

内蔵脂肪は増えすぎると、メタボリックシンドロームになったり、生活習慣病のリスクが高まってしまいます。

 

皮下脂肪は生活習慣病のリスクが高まるようなことはあまりないようですが、だからといって安心というわけではありません。

 

皮下脂肪が増えることで、なりやすい病気もあります。

 

その一つが卵巣がんです。

 

卵巣がんは症状がほとんどなく、おかしいと思って病院に行くと、他の臓器に転移してしまっているなど、すでにかなり進行してしまっていることが多いようです。

 

ですから、卵巣がんにならないように、できることはやっておくことが大切ですね。

 

卵巣がんの原因となるのは、高齢出産、遺伝、妊娠未経験者などがありますが、動物性脂肪の摂り過ぎが原因になることもあるようです。

 

脂肪の摂り過ぎは皮下脂肪のもととなるので、皮下脂肪が多いということは、卵巣がんのリスクが高まることになるのです。

 

また、排卵の回数が多いことも卵巣がんの要因となるようです。

 

皮下脂肪が増え、ホルモンバランスが崩れることで、排卵にも乱れが出て、1ヶ月に2回の排卵があるなんてこともあるかもしれません。

 

そうなると、卵巣が傷ついても治りきらないうちにまた傷がつくということにつながり、その部分が癌化していってしまうそうです。

 

皮下脂肪の増えすぎで卵巣がんのリスクが高まる可能性がありますが、皮下脂肪を減らすことで、そのリスクを減らすことができます。

 

食事や生活習慣などを見直し、皮下脂肪を減らすように心がけましょう。