皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪と夜間頻尿の関係

 

人間の体には、脂肪がついています。

 

その脂肪は、内臓脂肪と皮下脂肪の2種類に分けることができます。

 

内臓脂肪は、増えすぎてしまうと生活習慣病のリスクが高まるとして、健康診断の項目にメタボリックの検査が加えられるほど注目されています。

 

しかし、皮下脂肪は、スタイルに大きく影響はするものの、生活習慣病のリスクが高まることは少なく、あまり重要視されていません。

 

ですが、皮下脂肪型肥満でも、色々な病気のリスクが高まるのです。

 

その中の一つに、夜間頻尿があります。

 

夜間頻尿と言われると、夜中にトイレに行きやすくなるだけだと思う人もいるかもしれませんが、排尿障害と言うれっきとした病気なのです。

 

皮下脂肪が付くと、下腹が垂れ下がりやすくなります。

 

これが、腎機能を低下していることになります。

 

腎機能が低下すると、尿がたまるまでに時間がかかり、夜寝ている時に尿が溜まってきてしまい、頻尿になってしまいます。

 

夜間頻尿になると、睡眠もしっかり取れずに睡眠不足になってしまいます。

 

睡眠不足になると、疲れが取れなかったり、体調が悪くなってしまうので、他の病気にかかってしまう可能性も高くなります。

 

ただの頻尿だと思っていないで、もし症状があるのなら、早めに受診しましょう。

 

皮下脂肪を減らすために頑張りすぎると、思わぬ病気になることもあるので注意しましょう。