皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪とアルコールの関係

 

皮下脂肪が溜まってしまうのは、食べ過ぎ飲み過ぎが大きな原因と言われています。

 

摂取カロリーが消費カロリーよりも多いことで、余ってしまったカロリーが脂肪となり、皮下脂肪として蓄積されるのです。

 

皮下脂肪は取れにくい脂肪と言われているので、ついてしまうと落とすのが大変です。

 

食べすぎはわかるのですが、アルコールの摂り過ぎはどうしてよくないのでしょうか。

 

アルコールは、エンプティーカロリーと言われています。

 

ですから、アルコールを飲んでもカロリーが蓄積されないのですが、問題はおつまみなどになるようです。

 

お酒を飲む時のおつまみは、揚げ物が多いので、カロリーを過剰に摂取してしまいがちです。

 

また、アルコールを飲むと、満腹中枢が狂ってしまい、食べても食べてもお腹がいっぱいにならないということがあるようです。

 

ですから、ついつい食べ過ぎてしまって、カロリーオーバーになってしまう危険性が高いのです。

 

アルコールだけならいいのですが、特に女性は甘いお酒が好きで、チュウハイやカクテルなどには、ジュースのように多くの糖分が含まれています。

 

そして、アルコールは脂肪の燃焼を悪くする働きがあるとも言われています。

 

このようなことから、アルコールの飲みすぎは、皮下脂肪の蓄積に関係があると言われているのです。

 

ストレスをお酒で発散するのはいいですが、それで皮下脂肪を溜め込んでしまっては大変です。

 

お酒の飲み過ぎには気をつけましょう。