皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪と不妊症の関係

 

女性につきやすい皮下脂肪は、妊娠をするために、そして妊娠をした時に、お腹を衝撃から守ってくれる働きがあり、女性にとって必要不可欠な脂肪です。

 

しかし、皮下脂肪がつきすぎていると、女性の体に色々な影響を及ぼします。

 

皮下脂肪が増加してしまうと、ホルモンバランスが乱れ、排卵日が乱れたり排卵異常を引き起こしたりすることがあります。

 

ですから、なかなか妊娠しにくい体になってしまう不妊症の原因になることが考えられます。

 

不妊症だけではなく、妊娠できたとしても、妊娠中毒症になりやすかったり、難産になりやすいとも言われています。

 

妊娠を希望している人は、特にバランスのよい食事を心がけ、皮下脂肪を増やさないように心がけましょう。

 

ただ、皮下脂肪は女性に必要な脂肪なので、少なすぎてもホルモンバランスが乱れてしまい、不妊症の原因となってしまいます。

 

皮下脂肪を落とすために無理なダイエットはやめましょう。

 

皮下脂肪は少なすぎても、増えすぎても、不妊症の原因となってしまうので、適正値を保つように心がけましょう。

 

皮下脂肪は落としにくい脂肪と言われていますが、食事制限や適度な運動を取り入れることで落とすことが可能です。

 

まずは、自分の食生活や生活習慣を見直してみましょう。

 

また、皮下脂肪は皮膚のすぐ下にある脂肪なので、マッサージも効果的のようです。