皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪と月経異常の関係

 

女性に付きやすいと言われている脂肪が皮下脂肪です。

 

皮下脂肪は、皮膚のすぐ下につく脂肪で、スタイルに大きく影響はしますが、内臓脂肪のように生活習慣病のリスクが高まることは少ない脂肪です。

 

しかし、女性にとっては体に色々な影響を及ぼすことがあります。

 

その一つが、月経異常です。

 

皮下脂肪が過剰に溜まると、レプチンというホルモンが過剰に分泌されます。

 

レプチンは皮下脂肪で作られ、月経の開始を指示する働きがあります。

 

しかし、レプチンが過剰に分泌されてしまうと、常に月経開始の指示が送られることになってしまうので、合図としても役目を果たさなくなってしまうのです。

 

ですから、月経始まりの合図がわからずに、無月経などを起こしてしまうのです。

 

逆に、皮下脂肪が少な過ぎることも、女性ホルモンが作られにくくなり、月経異常を起こしやすくなるようです。

 

皮下脂肪は、たるんだ脂肪がつくので、出来るだけなくしたいですが、体にとって必要な脂肪でもあるため、過度なダイエットで皮下脂肪を減らしすぎるのも問題です。

 

皮下脂肪は、多過ぎても少な過ぎても月経異常を起こす可能性があるのです。

 

月経異常を起こすと、妊娠などにも影響してくるので、皮下脂肪量の適正値を知り、上手にコントロールするようにしましょう。

 

最近は皮下脂肪量や筋肉量を測ることができる体重計もあるので、1台持っていると体調管理に便利ですよ。