皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪とU型糖尿病の関係

 

内臓脂肪が増加することで、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まるため、内臓脂肪の増えすぎには気をつけなくてはいけません。

 

糖尿病ですが、T型糖尿病とU型糖尿病に分けられるようです。

 

T型糖尿病と言うのは、インスリンの生産が停止してしまい、インスリン不足になってしまうものです。

 

それに対してU型糖尿病と言うのは、遺伝的要因などが原因で、インスリン受容体数が少ないことが問題となっている糖尿病です。

 

このU型糖尿病ですが、遺伝的要因だけではなく、皮下脂肪が多いことでも起こりやすくなるようです。

 

というのも、過食や、高脂肪食、運動不足などの環境要因で発症しやすいと言われているからです。

 

皮下脂肪は過食や、高脂肪食、運動不足が原因となって増加するものなので、皮下脂肪が増加する原因とU型糖尿病になりやすくなる原因が同じということになります。

 

ですから、皮下脂肪が増加することは、U型糖尿病のリスクを高めていることになるようです。

 

皮下脂肪は落としにくい脂肪なので、ついてしまうとなかなか落とせずに、リスクの高い状態が続いてしまいます。

 

皮下脂肪が多いと感じている人は、食生活を見直したり、運動を取り入れたりして、皮下脂肪を減らすようにしましょう。

 

もちろん、内臓脂肪が増加してしまうことでも生活習慣病のリスクは高まります。

 

まずは自分の生活を見直すところから始めてみましょう。