皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪を測る方法

 

脂肪は、内臓脂肪と皮下脂肪に分けることができます。

 

内臓脂肪は、つきすぎることで生活習慣病のリスクを高めてしまうので、注目されています。

 

体組成計などを使用することで、自分でも簡単に内臓脂肪量を知ることが出来るようになりましたが、皮下脂肪量を知るにはどうしたら良いのでしょうか。

 

皮下脂肪は皮膚のすぐ下の皮下組織につく脂肪です。

 

ですから、つまむことができる脂肪です。

 

脂肪をつまんでみてその厚さから、肥満度をチェックする方法があります。

 

つまんだ脂肪が、お腹なら4センチ以上で肥満と言われるようです。

 

その他にも、太ももや、二の腕での計測ができるようです。

 

ただ、それでは皮下脂肪量を知ることはできません。

 

また、皮下脂肪は、動かさない部分につきやすい脂肪なので、場所によっても皮下脂肪のつき具合が変わってきます。

 

そこで、正確な皮下脂肪の厚さや、皮下脂肪率を測ることができるのが、BFIと言われる装置です。

 

BFIは、超音波をあてることで、各部分の皮下脂肪を正確に測ることができる機械です。

 

BFI測定器は、販売もされていますが、ターゲットはジムやエステサロンなどで、家庭用としてはまだまだ浸透していないでしょう。

 

ですから、BFIを使って、自分で皮下脂肪を測るのは難しいようです。

 

まずはつかんだ脂肪の厚さを目安とし、皮下脂肪がつきすぎている時には、皮下脂肪を減らすように、食事方法や運動などで気をつけていくと良いでしょう。