皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

糖分や塩分の摂取を少なくする

 

皮下脂肪を減らすためには、今の食生活を見直してみると良いでしょう。

 

忙しいからといって、外食やコンビニ弁当ばかりになっていませんか?

 

外食やコンビニ弁当はカロリーが高いだけではなく、味付けが濃い目で、塩分も多いのです。

 

味付けが濃いと、食欲が増して食べ過ぎてしまう原因になります。

 

皮下脂肪がつく原因は食べすぎなので、これでは皮下脂肪を増やしてしまうことになってしまいます。

 

自分で料理をする時にも、薄味を心がけましょう。

 

また、糖分も皮下脂肪のもととなるものです。

 

脂肪が燃焼される時には、糖分から燃焼されます。

 

その次に内臓脂肪が燃焼され、それから皮下脂肪が燃焼されます。

 

ですから、糖分ばかり摂っていると、皮下脂肪までなかなか燃焼されにくくなってしまうのです。

 

皮下脂肪はついてしまうとなかなか落としにくいというのは、燃焼される順番も関係しているのです。

 

料理は美味しく食べたいですが、味付けを濃くしてしまうと、糖分や塩分の摂り過ぎになってしまいます。

 

レシピを参考に作る時には、軽量スプーンでしっかりと量って調味しましょう。

 

目分量では味付けが濃くなってしまうことが多いようです。

 

そして、出汁をしっかりと取ると、薄味でもうまみを感じることができるので、美味しくなります。

 

素材の味を大切にした味付けで、美味しく食べすぎを予防しましょう。