皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

食物繊維を食べる

 

皮下脂肪がついていると、たるんだお肉が目立ち、それを落としたくてダイエットを始める人も多いでしょう。

 

皮下脂肪がつく原因は、食べすぎです。

 

食べ過ぎることで、摂取カロリーが増え、消費カロリーよりも多くなることで、余ったカロリーが蓄積され、皮下脂肪になるのです。

 

ですから、皮下脂肪を落とすためには、バランスがよく、低カロリーの食事を取ることです。

 

カロリーを落とすためには、低カロリーの食材を取り入れるか、満腹感を得やすいものを取り入れることです。

 

そのどちらにも当てはまるのが、食物繊維が豊富な食材です。

 

例えば、野菜やキノコ類、海藻類などです。

 

食物繊維は、お腹の中で膨らむので、少しでも満腹効果を得やすいのです。

 

満腹感を得ることで、皮下脂肪の原因となる食べすぎを防ぐことができます。

 

しかも、食物繊維を多く含む食材は低カロリーな物が多いので、たくさん食べても安心です。

 

また、食物繊維は、腸内環境を整えてくれる働きがあり、ダイエットの敵である便秘の予防改善にも効果的です。

 

そして、余分な脂質も一緒に絡めとって排出してくれる効果も期待できるようです。

 

このように、食物繊維はダイエットに効果的な働きがたくさんあり、皮下脂肪を減らす強い味方と言えるでしょう。

 

食物繊維だけではなく、タンパク質や炭水化物ももちろん大切ですが、食物繊維を上手に取り入れて効果的に皮下脂肪を落とすことができるといいですね。