皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

ゴーヤを食べて皮下脂肪を落とす

 

苦味がある野菜といって一番に思いつくといってもいいくらい、苦味があることで知られているゴーヤ。

 

ゴーヤと言うのは、沖縄で呼ばれている名前で、正式名称はニガウリと言います。

 

名前からして苦味があふれ出ていますね。

 

そんなゴーヤですが、苦いだけではなく、栄養がとても豊富な野菜です。

 

ビタミンCがとても豊富に含まれているので、美肌効果や、体の免疫力アップに効果があるようです。

 

そして、皮下脂肪を落とす効果も期待できる成分も入っています。

 

それが共役リノール酸です。

 

共役リノール酸は、蓄積されている内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼させてくれる効果があるのです。

 

それから、ゴーヤの苦味成分であるモモルシチンとチャランチンという成分にも、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らしてくれる効果があると言われています。

 

ゴーヤと言えばゴーヤチャンプルーが有名ですが、チャンプルーでも苦味が苦手と言う人は、ゴーヤ茶がオススメです。

 

共役リノール酸は、ゴーヤの種の部分に多く含まれています。

 

しかし、その種の部分が苦味が強い部分なので、調理する時にはしっかりと取り除く人が多いでしょう。

 

ゴーヤの種を取って調理するよりも、ゴーヤ茶のほうが共役リノール酸が摂りやすいかも知れませんね。

 

ゴーヤ茶は苦味も少なく飲みやすいようですが、それでも独特の香りが気になる時には、アイスティーにすると良いようです。