皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

キムチを食べて皮下脂肪を落とす

 

韓国と言えばキムチと言うほど、韓国の家庭にはそれぞれの味があり、キムチも色々な種類があります。

 

韓流ブームも手伝って、キムチはすっかり日本の食卓にもお馴染みの食材となりました。

 

そんなキムチですが、韓国では日本で言うお漬物のような存在です。

 

しかし、日本のお漬物と違うのは、キムチには植物性乳酸菌が含まれているということです。

 

ぬか漬けにも植物性乳酸菌が含まれますが、ぬか漬けはぬかを洗い流してしまうので、植物性乳酸菌も流してしまうことになります。

 

キムチは植物性乳酸菌も一緒に摂ると言うことで、お漬物とは少し違います。

 

この植物性乳酸菌は、腸内環境を整えてくれる効果があり、便秘を防いでくれるのです。

 

また、キムチの赤い色のもとは唐辛子です。

 

韓国の唐辛子は日本の唐辛子よりも辛味が少ないとは言え、たっぷりの唐辛子が入っています。

 

唐辛子に含まれている辛味成分が、カプサイシンです。

 

カプサイシンには、血行促進効果があるので、基礎代謝がアップします。

 

基礎代謝がアップすると、脂肪が燃焼されやすくなり、皮下脂肪を減らしてくれる効果も期待できます。

 

カプサイシンの効果をアップさせてくれるのが、豚肉などに含まれるビタミンB1です。

 

ですから、キムチ鍋などは、皮下脂肪を減らすにはぴったりのメニューです。

 

キムチや豚肉、豆腐やキノコ、好きな野菜などを入れて、皮下脂肪燃焼鍋を作って食べるのもお勧めです。