皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪と洋ナシ型肥満の関係

 

人の脂肪は、内臓脂肪と皮下脂肪の2つに分けることができます。

 

内臓脂肪は、名前からもわかるように、内臓周りにつく脂肪なので、ぽっこりお腹の原因となっています。

 

そのことから、内臓脂肪型肥満のことをリンゴ型肥満と言います。

 

それに対して皮下脂肪は、皮膚のすぐ下の皮膚組織につく脂肪なので、目に見える脂肪で、ぷよぷよとやわらかいのが特徴です。

 

皮下脂肪は、下腹やお尻、下半身につきやすい脂肪です。

 

内臓脂肪よりも下の方につきやすい脂肪で、その形から皮下脂肪型肥満のことを洋ナシ型肥満と言います。

 

内臓脂肪型肥満は、男性に多く、皮下脂肪型肥満は女性に多い肥満です。

 

皮下脂肪は女性ホルモンの影響でつきやすいことや、妊娠をするために、女性の体を寒さや衝撃から守ってくれる働きをするため、女性につきやすく、子宮のある部分に付きやすいのです。

 

その形が洋ナシのようであることから、洋ナシ型肥満と言われるようです。

 

確かに、中年男性はお腹がぽっこりとしている印象で、中年女性は下半身がどっしりとしている印象があります。

 

年齢を重ねると代謝が下がったり、成長ホルモンの影響などで、脂肪がつきやすくなります。

 

性別や脂肪の種類によっても体型が違ってきます。

 

ついている脂肪に効果的な方法で、余分な脂肪を減らすようにしましょう。