皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪と肥満遺伝子の関係

 

体脂肪は人の体についている脂肪のことで、内臓脂肪と皮下脂肪の2つがあります。

 

この内臓脂肪と皮下脂肪のどちらが多いかということで肥満のタイプが違います。

 

内臓脂肪が多い人のことを内臓脂肪型肥満、皮下脂肪が多い人のことを皮下脂肪型肥満と言います。

 

肥満の原因は、遺伝子が関係していることがわかってきているようです。

 

つまり、遺伝子を見れば、どのタイプの肥満になりやすいかということがわかるというのです。

 

肥満遺伝子は、3種類に分けることができます。

 

β3AR、UCP1、β2ARの3種類なのですが、皮下脂肪型肥満になりやすい遺伝子が、UCP1の遺伝子を持っている人です。

 

UCP1の遺伝子を持っている人は、日本人の約25%だと言われています。

 

β3ARの遺伝子を持つ人は日本人の約34%と一番多く、内臓脂肪型肥満になりやすい人です。

 

そして、約16%の人が持つβ2ARの遺伝子は、痩せてひょろっとした体型になると言われています。

 

肥満遺伝子のタイプがわかっていれば、自分にあったダイエット法や、食事のバランスなどを考えることができますし、肥満を防ぐ一つの方法ともなります。

 

自分が、皮下脂肪型肥満になりやすい肥満遺伝子だった場合は、脂っこい食事や甘いものなどを控えるといいというような具合です。

 

肥満遺伝子を調べるキットも販売されているようですが、3万円前後の費用がかかるのでちょっと高めですね。