皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪と体脂肪率の関係

 

人の体についている脂肪を体脂肪と言います。

 

体脂肪は聞いたことがある人も増えているのではないでしょうか。

 

そして、その体脂肪ですが、内臓脂肪と皮下脂肪という2つに分けることができます。

 

内臓脂肪は読んでもわかるとおり、内臓周りにつく脂肪で、目で見ることはできない脂肪です。

 

内臓脂肪は、男性につきやすいと言われています。

 

そして、皮下脂肪は、皮膚のすぐ下につく脂肪なので、目に見える脂肪です。

 

女性につきやすいと言われているのが、この皮下脂肪です。

 

皮下脂肪も内臓脂肪も、体についている脂肪です。

 

ですから、内臓脂肪が多くても、皮下脂肪が多くても、体脂肪率は高くなります。

 

最近では、自宅に体組成計がある人も増えているでしょう。

 

内臓脂肪レベルは低いのに、体脂肪率が高いということは、皮下脂肪が多いということになります。

 

ただ、皮下脂肪は目に見えてわかる脂肪なので、つきすぎているということは一目瞭然でしょう。

 

内臓脂肪は、目に見えないので、見た目は普通なのに皮下脂肪がたっぷりとついている隠れ肥満が増加しているようなので注意しましょう。

 

皮下脂肪は増えすぎたからといって、生活習慣病になるということはあまりないようですが、スタイルを悪くしてしまう原因になります。

 

皮下脂肪のつきすぎにも気をつけたいですね。