皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪が溜まる仕組み

 

女性につきやすい脂肪と言われている皮下脂肪は、内臓脂肪と違って、つきすぎたからといって、生活習慣病のリスクが高まるというようなことがありません。

 

しかし、見た目にしっかりと見える脂肪なので、皮下脂肪のつきすぎはスタイルを悪くしてしまいます。

 

皮下脂肪が溜まる仕組みを理解して、皮下脂肪がつき過ぎないようにしたいですね。

 

皮下脂肪は、摂取したエネルギーが、運動などでの消費エネルギーよりも多かった場合、消費しきれなかったエネルギーが脂肪として残ります。

 

消費されなかったエネルギーは、血液で脂肪細胞や肝臓に運ばれていき、内臓脂肪や皮下脂肪として蓄積されるのです。

 

男性の場合には男性ホルモンの影響で、内臓周りに脂肪がつきやすいのですが、皮下脂肪は女性ホルモンが影響し、お尻や下半身に脂肪がつきやすくなります。

 

摂取エネルギーが多いと皮下脂肪がつきやすくなってしまうので、皮下脂肪を溜め込まないためには、食べ過ぎ飲みすぎに気をつけましょう。

 

食事はバランスのよい食事を心がけ、お酒の飲みすぎなどにも気をつけたいですね。

 

また、消費エネルギーをアップさせれば、その分、蓄積されるエネルギーが少なくなるので、適度な運動も心がけましょう。

 

また、ストレスを溜め込むことも皮下脂肪を溜め込むもととなってしまうので、ストレスも溜め込まないように、上手に発散するようにしたいですね。