皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪と食事の関係

 

お腹のたるんだお肉が気になるけれど、なかなか落とすことができないと気になっていませんか?

 

そのお肉は皮下脂肪と言われるものです。

 

皮下脂肪は1度つくと取れにくい性質があるので、皮下脂肪がつくのは防ぎたいですね。

 

皮下脂肪がつく原因で大きなものは食事です。

 

脂っこいものを好んで食べたり、ケーキなどの甘いものをたくさん食べていたり、アルコールを飲みすぎたりすることで、皮下脂肪がつきやすくなるのです。

 

摂取カロリーよりも、消費カロリーが少ないと、余ったカロリーが蓄積されて、皮下脂肪として溜まってしまうと言うわけです。

 

ですから、皮下脂肪を溜め込まないためには、食事がとても大切です。

 

バランスのよい食事を心がけましょう。

 

無理な食事制限をする人もいると思いますが、それは筋肉量を減らすことになり、脂肪を燃焼しにくい体を作ってしまいます。

 

バランスよく食べることで、脂肪を燃焼しやすい体を維持することができるでしょう。

 

また、便秘も脂肪燃焼の妨げになります。

 

便秘を防ぐためにも、食物繊維などをしっかりと摂ることをオススメします。

 

ただ、食事に気をつけるだけではなく、消費エネルギーを増やすために運動も取り入れましょう。

 

皮下脂肪を溜め込まないようにする、溜まってしまった皮下脂肪を消費するには、バランスのよい食事と適度な運動を取り入れることが必要不可欠です。