皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪と女性ホルモンの関係

 

皮下脂肪は、女性につきやすいと言われている脂肪です。

 

女性は妊娠をすることができる体なので、子宮が出来る部分であるお腹周りに皮下脂肪がつきやすくなっていて、外からの衝撃や、寒さから守ってくれると言われています。

 

そして、皮下脂肪は女性ホルモンとも大きな関係があるようです。

 

女性ホルモンは2種類あり、1つは黄体ホルモンと言われているプロゲステロンで、、もう一つが卵巣ホルモンと言われているエストロゲンです。

 

この2つのバランス崩れると、生理痛や生理不順、更年期障害などを引き起こしたり、悪化させる原因となり、女性にとってはとても大切なものです。

 

女性ホルモンは、思春期になると乳腺を発達させたり、骨盤を発達させるなど、女性らしい体型を作ってくれるのですが、ホルモンバランスが崩れ、分泌されすぎてしまったり、不足してしまうことがあるのです。

 

この女性ホルモンですが、生理後半に多く分泌されると、皮下脂肪がつきやすいことがわかっています。

 

そして、皮下脂肪が多くついていると、子宮筋腫や子宮がん、乳癌などの女性特有の病気になるリスクが高まると言われています。

 

女性ホルモンだけのバランスではなく、男性ホルモンと女性ホルモンとのバランスも大切になってきます。

 

最近はホルモンバランスを崩す人が多くなっていると言われています。

 

ですから、ホルモンバランスが崩れないように、正しい生活習慣を心がけましょう。