皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪と喫煙の関係

 

最近、メタボリックシンドロームの危険性がよく知られるようになり、健康診断でもメタボリックシンドロームの検査項目が取り入れられるようになったことでも話題となっています。

 

メタボリックシンドロームと診断されたり、危険だとして判断された場合、喫煙者であれば、禁煙をするように言われるようです。

 

タバコを吸うと痩せると聞いた事がある人もいるでしょう。

 

確かに、タバコを1箱吸うと、ご飯1杯分のカロリー消費になると言われていますが、メタボリックと診断された人の多くは喫煙者だと言うこともわかっています。

 

実は、タバコを吸うことで、脂肪細胞が分泌するアディポネクチンの合成を阻害してしまうことで、脂肪燃焼を妨げてしまうと言われています。

 

ですから、脂肪を減らしたいメタボリックシンドロームの人は、禁煙を勧められると言うわけです。

 

しかし、タバコを止めると、ご飯が美味しく感じられて太ったという人もいるでしょう。

 

それでも、禁煙をすることで、内臓脂肪の割合は減るそうです。

 

タバコをやめてからついた脂肪は、ほとんどが皮下脂肪だからです。

 

タバコをやめて、内臓脂肪は減ったけれど、食べすぎで皮下脂肪が増えたのです。

 

皮下脂肪が増えすぎても、生活習慣病になることは少ないと言われていますが、スタイルに大きく影響するので、つきすぎには気をつけたいですね。

 

タバコをやめても食べすぎには気をつけるようにしましょう。