皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪型肥満とは何ですか?

 

人間の体には脂肪がついています。

 

それを体脂肪というのですが、体脂肪も2つに分けることができます。

 

1つは内臓脂肪で、もう1つが皮下脂肪です。

 

内臓脂肪は体の中にある内臓周りにつく脂肪なのですが、皮下脂肪は、皮膚のすぐ下につく脂肪で、自分でつかむことができます。

 

お腹をつまんだ時に、ぷよぷよとしているのが皮下脂肪です。

 

皮下脂肪型肥満とは、この皮下脂肪が多い肥満のことを言います。

 

皮下脂肪型肥満は、お腹周りや下半身につきやすい脂肪のため、洋ナシ型肥満とも言われています。

 

ちなみに、内臓脂肪型肥満は、リンゴ型肥満と言われます。

 

皮下脂肪型肥満は、内臓脂肪型肥満と違い、生活習慣病のリスクが高まることはあまりないようです。

 

ですが、スタイルに大きく影響する脂肪であり、やはり増えすぎると体に悪影響を及ぼしてしまう脂肪です。

 

ただ、皮下脂肪には体を衝撃から守ってくれたり、体を温めてくれるなどの大切な働きがあるので、皮下脂肪が少なすぎるのも体に悪影響を及ぼします。

 

例えば、女性の場合には、生理が止まってしまったり、不妊症になってしまうこともあるようです。

 

皮下脂肪を減らそうと無理なダイエットは禁物ですが、皮下脂肪型肥満にならないように、食事に気をつけたり、運動を取り入れるようにしましょう。