皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪と下腹の関係

 

ダイエットを決意するきっかけの一つに、下腹があったという人も少なくないのではないでしょうか。

 

下腹がぽっこりしていたり、たるんでつかめたり、それを解消したくてダイエットを始めた人も多いと思います。

 

下腹が出ていると、中年太りやビール腹なんていいますが、下腹部分は、内臓脂肪も皮下脂肪もどちらもつきやすい部分なので、お腹がぽっこりしやすいのです。

 

内臓脂肪は、お腹の内側につく脂肪のことで、お腹ぽっこりの原因となります。

 

一方、皮下脂肪は、つまんでみてつかめる脂肪のことです。

 

ぷよぷよしているのが皮下脂肪です。

 

皮下脂肪は女性につきやすく、同じぽっこりお腹でも男性と女性では質感が違っていることが多いでしょう。

 

女性は、妊娠をすることができる体です。

 

それもあって、子宮がある下腹の辺りというのは、衝撃から守ったり、冷えから守るために皮下脂肪がつきやすくなっています。

 

ですから、女性は、下腹に皮下脂肪がつきやすくなっているのです。

 

下腹に皮下脂肪がつきやすくなっているといっても、つきすぎはスタイルを崩してしまうもとになります。

 

脂肪が燃焼されるのは、内臓脂肪が先で、皮下脂肪が後になりますが、バランスのよい食事と適度な運動を続けることによって、皮下脂肪も燃焼されます。

 

なかなか効果が出ないからといって諦めず、コツコツ続けて皮下脂肪を減らしましょう。