皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪がウエストにつきやすいのは何故ですか?

 

人の体は脂肪がついています。

 

脂肪は、2種類に分けることができます。

 

1つは内臓脂肪で、もう1つは皮下脂肪です。

 

脂肪は、食べ過ぎや運動不足によってつきやすくなるのですが、皮下脂肪はお腹周りにつきやすい特徴があります。

 

皮下脂肪型肥満は、洋ナシ型肥満とも言われていて、ウエスト周りや下半身がふっくらしている状態の肥満です。

 

では、どうしてウエストに皮下脂肪がつきやすいのでしょうか?

 

それは皮下脂肪の働きに関係があります。

 

皮下脂肪は、肥満の原因というだけではなく、大切な役割もあるのです。

 

皮下脂肪があることで、内臓を衝撃から守ってくれたり、体を温めてくれることができるのです。

 

だから、皮下脂肪はお腹周りにつきやすいのです。

 

また、皮下脂肪は女性につきやすいというのも、一つの理由のようです。

 

女性は妊娠や出産をすることができます。

 

ですから、そのために赤ちゃんを守り育てるための子宮を守ってくれるのです。

 

子宮があるウエスト周りだからこそ、皮下脂肪がつきやすいというわけです。

 

皮下脂肪が気になってダイエットをする人もいると思いますが、皮下脂肪がなさすぎるのも、体にとって悪影響となります。

 

スタイルアップや健康のためにダイエットをするのはいいことですが、皮下脂肪が少なくなりすぎないように気をつけましょう。

 

とはいうものの、もちろん、皮下脂肪のつきすぎにも気をつけましょう。