皮下脂肪を落とす方法・食事・運動・サプリ・漢方薬・マッサージ

皮下脂肪とは?

 

人間の体についている脂肪のことを体脂肪と言いますが、内臓脂肪と皮下脂肪の2つに分けることができます。

 

内臓脂肪は、名前からもわかるように、内臓周りにつく脂肪のことですが、皮下脂肪は、皮膚の下の皮下組織という部分につく脂肪のことを言います。

 

内臓脂肪は目に見えない脂肪ですが、皮下脂肪は、お腹を掴んだ時につかめる脂肪です。

 

皮下脂肪はお尻や下半身につきやすく、皮下脂肪が多い肥満のことを皮下脂肪型肥満と言い、洋ナシ型肥満とも言われています。

 

皮下脂肪型肥満は、内臓脂肪型肥満に比べて生活習慣病のリスクが高まりにくいですが、見た目に目立ちますし、骨格に負担をかけてしまうことが考えられるので、蓄積させすぎはやはり良いこととは言えません。

 

また、セルライトの元となってしまうのも皮下脂肪です。

 

皮下脂肪は、つかめる脂肪といいましたが、つかむことで、肥満度を測定することもできます。

 

つまんだ皮下脂肪が、お腹なら4センチ以上なら肥満度が高いと言えます。

 

二の腕なら1.5センチ、太ももなら1.6センチです。

 

皮下脂肪は内臓脂肪に比べて落としにくい脂肪と言われていますが、運動と食事で燃焼させることができますし、皮膚のすぐ下にあるのでマッサージも効果的です。

 

食事制限と運動にマッサージを取り入れることで、脂肪燃焼効果をアップさせることができます。